• ホーム
  • ニキビを繰り返さない!ニキビ肌におすすめのクレンジング方法

ニキビを繰り返さない!ニキビ肌におすすめのクレンジング方法

ニキビを繰り返さないようにするにはクレンジング方法に気を付けることが大切です。クレンジングはメイクを落とすために必要となりますが、不十分だった場合には化粧品の成分が肌に残ります。一方で強くしすぎてしまった場合には肌に負担がかかります。つまり、強すぎても弱すぎてもいけないのがクレンジングの難しいところです。

クレンジングで化粧を落とす前にはまず洗顔を行います。洗顔を行うことにより、顔に付いたほこりなどがある場合には取り除くことが出来ます。洗顔の際にはお湯の温度を35度から38度程度に設定するのがお勧めです。熱いお湯を好んで使う方もいますが、肌トラブルを起こさないという観点で言えばなるべくぬるめのお湯を使用するのが良いと言えるでしょう。クレンジングを行う際には複数のタイプを使い分けることが有効となります。メイクのあとをしっかりと落とすことを考えるとクリームタイプを使用することが重要となりますが、メイクの薄い部分までクリームタイプで行ってしまうと余計な力がかかる可能性があります。そこでメイクの薄い部分はリキッドタイプ、濃い部分はクリームタイプというように使い分けることが有効となっています。少し手間はかかりますが、この点に気を付けるだけでも負担は大きく変わります。ニキビができかけている場合にはそこをクレンジングする際に最も慎重になる必要があると言えるでしょう。かといって化粧落としが不十分だった場合にはニキビが悪化する恐れもあるので注意が必要です。丁寧に撫でるように落としきったら最後に再び洗顔をします。

最後の洗顔も最初と同様にぬるま湯で行います。この時にメイク落としが不十分な箇所が見つかることもあります。その場合には速やかにクレンジングに戻ることが大切です。そのまま放置していても、肌にとって良い方向に動くことはありません。優しくメイク落としをすることが重要と言えます。クレンジングの方法はその日のメイクのタイプによっても変わります。例えばあっさりとした化粧をしていた場合には、クレンジング時間をなるべく短くして肌に余分な負担をかけないことが重要です。一方でしっかりメイクの日は確実に化粧を落とせているかを確認する必要があるため、時間をかけてでも確実に落としていくことが大切です。いずれにしてもその前後には洗顔を行い、顔に余計なものがついていないかを確認しておくことで肌トラブルを防げる可能性が高まります。