• ホーム
  • ニキビ治療薬「ブレボキシル洗顔」のニキビ肌への治療効果は?

ニキビ治療薬「ブレボキシル洗顔」のニキビ肌への治療効果は?

ニキビ予防に役立つ薬の1つにブレボキシル洗顔があります。これは皮膚科領域としては世界最大手との呼び声もある、スティーフェル社が製造や販売を行っている薬です。ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌できる仕組みが特徴となっています。ブレボキシル洗顔には過酸化ベンゾイルが主成分として含まれています。この過酸化ベンゾイルにはアクネ菌を酸化させる働きがあります。この働きにより、アクネ菌に活動をさせずにニキビを撃退するのがブレボキシル洗顔のメリットです。

アクネ菌を撃退する薬はブレボキシル洗顔だけではありません。しかしながら、このブレボキシル洗顔ならではの特徴もあります。それは耐性が付きにくいということです。アクネ菌をはじめとする細菌には耐性という機能があります。これはもともとは苦手としていたものに耐えられるようになる性質のことを言います。この耐性は生物にとって絶滅しないために重要な機能でもありますが、アクネ菌に耐性を付けられてしまうと薬での殺菌がどんどんと難しくなります。このブレボキシル洗顔の主成分である過酸化ベンゾイルは耐性が付きにくい成分なので、長期間にわたって使用したとしても効果を保ちやすいと言えるでしょう。

ブレボキシル洗顔の機能はニキビ治療だけではありません。ニキビの予防にも使用することが出来ます。過酸化ベンゾイルには殺菌作用に加えて、ピーリング効果をあります。このピーリング効果によって古い角質がはがれやすくなります。その結果、古い角質が毛穴に詰まる可能性が低くなり、ニキビを予防できる仕組みになっています。

非常に便利なブレボキシル洗顔ではありますが、乾燥しやすいという副作用を持っていることに注意が必要です。もともと乾燥肌であるという方は一層その影響が出やすくなります。この薬は保湿剤などと併用することが出来るので、化粧水や保湿クリームを使用することで副作用の影響を抑えることが可能です。

ブレボキシル洗顔は日本では基本的に処方箋を必要とする薬ですが、個人輸入通販サイトを利用することによって日本にいながら処方箋なしに購入することが出来ます。有効成分が長く効果を発揮することから1日に2回の使用で、ニキビ対策が可能です。それゆえに1日あたりの消耗量も多くありません。コストパフォーマンスが良いこともあって、注目を集めています。ニキビへの使用から3週間ほどで効果が表れる可能性があるとされます。