• ホーム
  • 肌トラブルにおすすめ「スキノレンクリーム」のニキビ対策としての効果は?

肌トラブルにおすすめ「スキノレンクリーム」のニキビ対策としての効果は?

微笑む女性

肌トラブルに効果を発揮するクリームの1つにスキノレンクリームがあります。スキノレンクリームはインテンディスから販売されていて、幅広い肌の困りごとに対処することが出来ます。このクリームを使用した臨床試験ではニキビが4週間以内に60%減少したとされます。

スキノレンクリームに配合されているのがアゼライン酸という成分です。アゼライン酸はピーリング、抗炎症、美白という3つの効果を持ちます。肌への負担が少ないことから敏感肌の方でも使用しやすい成分となっています。炎症後に起こった後に塗ったとしてもニキビ対策において一定の効果を発揮します。スキノレンクリームは炎症性、非炎症性のどちらのニキビにも使うことが出来ます。ターンオーバーを早めることも出来るので、ニキビの痕を残しにくいというメリットもあります。肝斑など一般的に治りにくいとされているニキビにも使用できるのが特徴です。アゼライン酸には皮脂の分泌を抑える作用もあります。その結果、毛穴が詰まりにくくなります。アクネ菌の増殖過程で行われるたんぱく質合成や酵素の働きも阻害することが出来るので、男性ホルモンなどを原因とする肌トラブルに対して高い効果を発揮します。炎症を招く物質を生んでしまう免疫細胞の動きを抑制することもこのクリームの魅力です。スキノレンクリームは朝と夜の洗顔後に塗って使用します。なるべく顔に何もついていない状態を作ってから塗るのがポイントです。

ニキビ対策に高い効果を持ち、刺激の少ないスキノレンクリームではありますが、いくつかの副作用があることに注意が必要となります。具体的にはかゆみ、紅斑、乾燥などが挙げられます。これらは軽度であれば気にする必要がありません。しかし、肌の調子が著しく崩れるようなことがあった場合には使用を中断しましょう。使用回数を間違えて1日に3度も4度も塗ってしまった場合には、副作用が起こりやすくなります。

スキノレンクリームは幅広い方が使用できるクリームです。アゼライン酸に過敏症がある場合や妊娠中の場合、授乳中の場合は使用できませんが、その3つのケース以外であれば基本的に使用できます。低刺激性なのでこれまでにニキビケアクリームを使用して肌荒れが起こった方であっても、スキノレンクリームであれば使用できる可能性があります。単独でも高い効果を持つクリームではありますが、保湿剤などと併用することによって一層大きな効果を表すようになります。